睡眠と身長の関係とは

身長を伸ばすためのより良い睡眠とは…

睡眠

成長ホルモンを分泌させる「深い睡眠」を
健やかな成長のためには成長ホルモンを分泌させる深い「睡眠」、タンパク質・カルシウムなどの「栄養」、骨に適度な刺激を与える「運動」の、3つの生活要素のバランスを上手くとることが必要です。

現代の子供たちが生活の中で抱えている大きな問題、それは“睡眠不足”です。 テレビゲームによる夜更かし、ストレスなど情緒の不安定による浅い睡眠が、成長ホルモンの分泌を妨げるのです。成長ホルモンは、深い睡眠をとっている時に最もよく分泌されるため、睡眠の質を上げることがカギとなるのです。

栄養

健康を維持するためには、全ての栄養素をバランスよく摂取することが大切ですが、以下の栄養素は、成長段階のお子様に特に重要と考えられています。
カルシウム→骨を硬めるために必要です。
マグネシウム→カルシウムと密接な関係があります。
たんぱく質→骨の原料になります。
亜鉛→ホルモンの分泌に影響します。

運動

全身を動かすことは、骨に適度な刺激をもたらすとともに、熟眠できる要因となります。また、食欲増進につながり、栄養素をしっかり取る要因にもなるのです。

.

睡眠時の姿勢が睡眠の質のカギ

睡眠

成長ホルモンの分泌を促す深い睡眠は成長にとって重要な要素であり、睡眠時の姿勢は、その睡眠の質を大きく左右します。

睡眠時の姿勢が悪く、体の一部にだけ負担がかかってしまうと、血流が悪くなりよくありませんので、 圧力を全身に均一に分散し、理想的な睡眠環境を整えることが大切です。

睡眠中は、心拍数・血圧が下がり、日中より血流がゆっくりとなります。そのため、硬いマットで寝てしまうと、血流がにぶくなりがちで、寝返り回数が多くなります。
つまり、眠りが浅くなってしまうのです。

かといって、マットを柔らかくするだけだと、身体の中の重い部分を支えられず、腰が落ち込み、不自然な姿勢を強いられることになってしまいます。

硬すぎず、柔らかすぎず、理想的な睡眠姿勢をキープする、そして圧力を分散させることによって血流を妨げず、深い眠りに導くよう設計されたマットがEnethanなのです。